究極の音とフォルムを追求!様々なスタインウェイピアノ

スタインウェイのピアノ

スタインウェイは、ベヒシュタインやベーゼンシュタインとともに、世界のピアノメーカー御三家と言われています。力強い豊かな響きと、多彩な音楽表現に対応できる繊細さから演奏家にも絶大な人気があり、世界中のコンサートホールに常設されています。自宅に置くことができる小型タイプに始まり、用途や会場の広さに応じて様々な大きさ・音量のグランドピアノのモデルがあります。十分でないスペースには、アップライトピアノのモデルも置けます。どのモデルも1台1台時間をかけて手作りされているので、それぞれ完璧な音の仕上がりになっています。

お手頃価格、スタインウェイファミリー

スタインウェイのピアノはピアニストにとって憧れではありますが、価格が気になります。21世紀になって「ボストンピアノ」「エセックス」という、スタインウェイモデルのピアノが開発されました。素材や一つ一つの工程を考えると、スタンダードなスタインウェイピアノと音の差があるのは仕方がないとはいえ、価格の安さは非常に魅力的です。お手頃価格のスタインウェイファミリーのピアノの登場により、スタインウェイのピアノをより身近に使用できるようになりました。

見た目にも美しい、究極の贅沢モデル

音だけでなく、ハードとしてのピアノを追求した高級モデルがあります。一つは「クラウンジュエル」シリーズです。銘木を使った木目が美しいデザインで、調度家具としての芸術性も保っています。すべてのピアノが一点物という贅沢さです。もう一つは、「限定コレクション」のものです。ピアノの設計者ではない有名デザイナーに依頼し、スポーツカーやソリをイメージした個性的なフォルムのピアノや、贅を凝らしたヴィクトリア朝モデルのピアノ、ジョン・レノンがオノ・ヨーコに送ったのが元となった真っ白なグランドピアノ「イマジン」シリーズなど、時代により様々な限定品が発売されています。

スタインウェイの品質は、それぞれのピアノの素材や製造年月日などに左右されることがあるため、早期に商品選びをすることが重要です。