こんなところに気をつけよう!中古車の選び方

中古車の外観の見分け方

中古車本体の外観については、新車と比較すれば、輝きは違ってくるでしょう。しかしながら、比べればわかるのであって、中古車のみが存在している場合は、輝きの程度は、見分けがつかないものです。光学反射のメーターによる測定方法もあるのですが、中古車販売店全てにあるわけでもないですし、測定結果をみても参考程度になる可能性もあります。このようなことから、一番確実な方法は目視にはなりますが、判断が容易ではありません。最初は展示してある車を晴天の日と曇りの日など光の強さが異なっている時に見比べたりして、状態を確認するようにしましょう。

中古車の車内をチェック!

中古車ですから、前のオーナーがどのような人かわかりませんから、車内の状況もよくチェックすることが大切です。特にご自身がタバコを吸わないのに、前のオーナーがタバコを吸っていたりすると臭いなどが付着して気になってしまうものです。また、シートや天井面、ドアの側面や床の汚れ具合は、よくチェックしましょう。汚れ具合とは別に、エアコンの作動状況やオーディオの動作チェック、カーナビも付属していれば動作させてみましょう。購入から何日かは保証が付いていることもありますが、購入後では、販売店を行ったり来たりするだけでも手間なものですから、事前によくチェックしておくようにしましょう。

中古車のタイヤも要チェック!

中古車のチェックでは、本体の外観はよく見るのですが、タイヤを注視する人は少ない傾向にあります。しかしながら、タイヤが減っている状態で購入すると、中古車を購入後、早いタイミングでタイヤも購入しなければならず、出費がおおきくなります。それとは別に、タイヤの摩耗状態で前のオーナーがどのような運転をしていたかなども想像することが出来ることもあります。四輪のタイヤ全体が減っているようであればいいのですが、偏って減っている場合や、タイヤの内と外で減りが偏っている場合は、車のバランスが崩れていることになりますから、車のバランスについて、販売店に確認する必要があるでしょう。

ボルボを仙台で購入する予定があるならば、さまざまな店舗を比較することがポイントです。性能が高いのに、割安な中古を入手することもできます。